男性にも起こりうる!男性更年期障害(LOH症候群)とは



更年期サプリおすすめランキング
更年期サプリおすすめランキング123〜症状改善に効果があるのは




男性にも起こりうる!男性更年期障害(LOH症候群)とは


男性にも起こりうる!男性更年期障害(LOH症候群)とは
ホルモンバランスの乱れによって

引き起こされる更年期障害は、

一般的に女性だけのものと

考えられていました。



しかし、最近の研究で

男性にも更年期があることが

分かっています。





男性の更年期障害は、

LOH症候群と呼ばれます。



LOH症候群では、

不安やイライラなどの精神症状と、

疲労感や火照り、性機能低下など


身体症状があります。







男性更年期障害「LOH症候群」になる原因



LOH症候群になる原因は、

テストステロンの減少
です。





テストステロンとは、

男性ホルモンの一つで、

主に精巣で作られます。





男性らしい体を作るために

欠かせないホルモンで、

筋肉や骨ががっちりするのは

このホルモンの作用です。





また、テストステロンは

様々な細胞に働きかけ、

子孫を残す機能や

血管の健康を維持する機能、

ミトコンドリアを守る機能、

やる気を引き出す機能などに

深く関わっています。





しかし、テストステロンは、

20代をピークに

次第に減少し始め
ます。







40代以上の600万人が男性更年期障害「LOH症候群」に該当する



一般的に血中のテストステロンが

8.5pg/ml未満の男性が

LOH症候群と見なされます。



軽い症状も含めると

40代以上の男性で、およそ600万人が

男性更年期障害「LOH症候群」


該当しています。





アメリカで行われた大規模な調査では、

60歳以上の19%、

70歳以上の28%、

80歳以上の49%が

男性更年期障害に該当する
という

結果が出ました。







「LOH症候群」は重篤な病気の原因になることも



男性更年期障害「LOH症候群」が

今、注目されているのは、

時間が経てば

治る病気ではない
ためです。



そして、深刻なのは、

男性更年期障害「LOH症候群」が

仕事が上手くいかずに会社を辞めたり、

様々な病気と関連している
点です。





例えば、テストステロン値が低い人は

高い人よりも寿命が短く、

ガンやメタボ、糖尿病に

なりやすい傾向が
あります。







睡眠中にテストステロンの数値は改善する!



テストステロンが減る原因は

ストレスも関係して
います。



仕事が忙しすぎる人は

勤務時間を減らすなどして

男性更年期障害「LOH症候群」を

改善させるよう心がけましょう。


「LOH症候群」は重篤な病気の原因になることも


また、朝から夕方にかけて

テストステロンは減少し、

寝ている間に再び元の値に戻るため、

男性更年期障害「LOH症候群」を

改善するには

十分な睡眠時間の確保が大切
です。





LOH症候群がひどい場合は、

テストステロンを補充する

治療法も
あります。



保険治療では注射が用いられ、

2~4週間ごとに注射をすると、

一般的に、3ヶ月間程度で

男性更年期障害「LOH症候群」の改善が

見られます。