更年期障害の症状 体や心にどんな症状が出てくるの?



更年期サプリおすすめランキング
更年期サプリおすすめランキング123〜症状改善に効果があるのは




更年期障害の症状 体や心にどんな症状が出てくるの?


更年期障害の症状 体や心にどんな症状が出てくるの?
更年期とは、

閉経をはさんだ

前後約10年間
のことで、

個人差がありますが、

日本人の場合には一般的に

45~55歳を「更年期」と呼びます。





更年期のさまざまな症状は

「更年期障害」と呼ばれます。





これらの更年期症状は

女性ホルモン「エストロゲン」が

大きく関係している
とされています。



エストロゲンは、

8~9歳ごろから卵巣で生成され始め、

30代半ばに分泌のピークを迎えます。



その後、エストロゲンの分泌量は

徐々に減少しますが、

40代半ばに急激に減少
します。



このエストロゲンの分泌の

急な変化によって引き起こされる不調が

更年期障害
です。







エストロゲンの分泌が更年期症状の原因に



エストロゲンの分泌は

脳の視床下部にある下垂体が

コントロールしています。



しかし、年齢を重ねると、

分泌の指令が出されても、

卵巣機能の衰えによって、

十分エストロゲンを分泌できなくなります。





脳の視床下部からは

さらにエストロゲンを

分泌するように指令されますが

卵巣はエストロゲンを分泌できないので、

その結果、脳は混乱してしまいます。





脳の視床下部は、

自律神経をコントロールする

役割もありますが、

コントロールできなくなってしまうと、

自律神経失調症を引き起こします。







心理的ストレスも更年期症状の原因になる



さらに、40代・50代は

家庭環境や社会環境の変化が

起きやすい年代であることから、

心理的ストレスを受けやすく、

精神症状も現れます。







更年期障害の主な症状


更年期障害の主な症状
更年期障害の主な症状は、

・ホットフラッシュ
・発汗
・冷え性
・睡眠障害
・動悸
・頭痛
・めまい
・耳鳴りなどの自律神経失調症状

・憂うつ
・精神不安定
・意欲低下
・不安感などの精神症状

・肩こり
・腰痛
・食欲不振
・皮膚のかゆみなど





更年期障害は、

ホルモンの変化に身体が慣れてくれば、

自然によくなると考えられています。







ホルモン補充療法が有効な治療法



低用量のホルモン補充療法を行うことは、

更年期障害の有効な治療方法
といえます。





更年期障害を緩和するには

生活習慣の改善を図るのが基本ですが、

自律神経性の更年期障害には

ホルモン補充療法が有効です。





精神症状性の場合には、

向精神薬による薬物療法と

精神療法が用いられますが、

エストロゲンの欠乏によって起こる

精神症状もあるため、

ホルモン補充療法が

有効なケースもあります。





ただし、ホルモン補充療法を続けると

乳がんの発症率が若干上がります




乳がんは、定期的な検診により

死亡率が上がらない事が分かっています。



ですので、ホルモン補充療法を行う場合は

数年をめどに

乳がんの定期検診も受けましょう