更年期障害の原因は



更年期サプリおすすめランキング
更年期サプリおすすめランキング123〜症状改善に効果があるのは




更年期障害の原因は


更年期障害の原因は
更年期障害の原因には

身体的なものと

精神的なものが
あります。







身体的原因の更年期症状の特徴



まず、身体的原因では、

エストロゲンが関係
しています。





更年期になると、

卵巣の機能が低下することで

エストロゲンの分泌量が少なくなります。



エストロゲンは、

女性ホルモンの一つで、

排卵や月経のコントロール、

妊娠や出産のサポートなど、

女性が生きていく上で欠かせません。





エストロゲンの分泌量は

18~40歳で多くなりますが、

それ以降は分泌量が激減
します。



すると、脳の視床下部は、

エストロゲンを多く分泌させるために、

GnRH(性腺刺激ホルモン放出ホルモン)に

働きかけます。



一方で、低下した卵巣機能は

もう向上しないので、

エストロゲンの量は変わらないのに

性腺刺激ホルモンの分泌量だけが

増加してしまいます。





このような状態を繰り返すと、

ホルモンバランスや自律神経が乱れ、

めまいや動機、息切れなど

全身に不快な更年期障害を悪化
させます。







精神的原因の更年期症状の特徴



次に、精神的な原因で悪化する

更年期症状
です。


ストレスは更年期症状の原因


ストレスは加齢に関係なく

体に悪い影響
を与えます。



強いストレスを感じると

副腎の機能が低下します。





副腎皮質は、

女性ホルモンや男性ホルモンを

生成するだけなく、


糖質コルチコイドと

電解質コルチコイドを

作る場所でもあります。



糖質コルチコイドは、

タンパク質を分解して糖を作ったり、

炎症を抑えたりします。



電解質コルチコイドは、

腎臓でナトリウムイオンの再吸収を高めて

カリウムを体外へ排出する作用があります。





これらはコルチコイドと総称され、

ストレスに対抗する働きを持つことから

抗ストレスホルモンとも呼ばれます。




ストレスを感じると

副腎はコルチコイドを過剰分泌するため、

副腎機能低下症を引き起こします。



症状が悪化すると、疲労感やめまい、

耳鳴り、不眠症など

自律神経失調症に似た状態に
なります。





ストレスが多いと

コルチコイドを分泌することが優先されて、

エストロゲンなどの

女性ホルモンが減るので

更年期障害を起こしやすくなります。





副腎の機能を回復させるためには、

ストレスのない時に

優位になる副交感神経を

活性化させることが大切です。