更年期障害を病院で治療する!更年期外来とは?



更年期サプリおすすめランキング
更年期サプリおすすめランキング123〜症状改善に効果があるのは




更年期障害を病院で治療する!更年期外来とは?


更年期障害を病院で治療する!更年期外来とは?
更年期障害というのは、

卵巣機能の低下による

エストロゲンの欠乏、

エストラジオールの欠乏に基づいた

ホルモンバランスの崩れが原因で起こる

症候群
のことです。





女性に多い症状で、

40歳を過ぎたころから

軽い更年期障害を起こすことも
あります。





日本人の女性が閉経を迎える年齢が

大体50歳から51歳だといわれています。



一般的に閉経をはさんだ期間の

45歳から55歳の約10年間を

更年期
と呼んでいますが、

最近ではプレ更年期といい、

若い年代の更年期も

増えてきている
といいます。







病院ではまず、問診や血液検査が



あまりにひどい更年期障害のときは、

病院で治療を受ける人も
います。



病院ではどのような

治療を行うのかというと、

まずは詳しい問診と

血中ホルモン量の検査などで

更年期障害を診断します。


病院ではまず、問診や血液検査が


はじめに、月経の状態や、

いつから、どんな症状があって

更年期障害に悩まされているのか、

そして過去や現在の病気の有無、

ストレスを招く環境がなかったなどを

詳しく問診していきます。





そこで更年期障害と判断されると、

血中ホルモン量の検査をして

詳しく調べます。







婦人科健診で子宮の状態も検査



次に、婦人科検診を行うのですが、

内診で腟の状態や、子宮筋腫、

子宮内膜症、卵巣嚢腫がないかを調べて、

細胞を調べて子宮がんなどを

チェックしていきます。





エストロゲンの急激な減少により、

閉経後になって

骨粗しょう症になってしまう

女性も非常に多い
といわれています。



ですので、骨粗しょう症の予防のために、

骨量の測定も行っている病院もあります。





また、年齢的に

乳がんの検査も行う場合があります。







個人個人に合った最適な治療法を実践しましょう



ほかの病気がない状態で

更年期障害だと診断された場合は

症状に応じて治療を行います。



薬物療法、カウンセリング、

生活改善法のアドバイスなど、

その人の症状に応じて、

同時に行うことも
あります。


個人個人に合った最適な治療法を実践しましょう


いずれの場合も、医師に相談し、

アドバイスをしてもらって、

実行することが大切です。





薬物療法の場合は、

ホルモン補充療法、

漢方療法、

自律神経調節剤、

向精神薬

を中心として行っていく

場合が多いといいます。



生活改善法のアドバイスも

実行できるものから

少しずつはじめていきます。