こんな症状があれば要注意!ホットフラッシュの症状



更年期サプリおすすめランキング
更年期サプリおすすめランキング123〜症状改善に効果があるのは




こんな症状があれば要注意!ホットフラッシュの症状


こんな症状があれば要注意!ホットフラッシュの症状
「ホットフラッシュ」は、

ほてりの別名
で、

更年期障害でよくみられる

症状の一つです。



突然顔が紅潮して熱くなる、

頭に血が上ってのぼせたようになる、

大量に汗をかく
、というのが

ホットフラッシュの主な症状です。





一般的に汗をかくのは、

周囲の温度が高い時や

激しい運動をした時、

気持ちが動揺してしまった時、

等の場面です。





しかし、ホットフラッシュの場合は、

これらのような状況になくても、

何の前触れもなく

大量の汗をかいてしまうのが特徴
です。





また、ホットフラッシュには

熱くなった後、

急激に身体が冷えてしまう事も
あります。



そして、顔や上半身は熱いのに、

下半身や手の先は

冷えている事もよくあります。





人に会っている時や

外に出かけている時、

夜寝ている時など、

場所を選ばずに

ホットフラッシュが

起こる可能性もあります。







血行不良でホットフラッシュが悪化する



ホットフラッシュが

起きてしまう原因の一つは、

血行不良です。





更年期になると

女性ホルモンの一つ「エストロゲン」の

分泌が減少していくため、

ホルモンバランスが

崩れてしまいます。



その結果、血管の収縮や

拡張の調整を行う

自律神経の乱れを引き起こし、

正常に働かなくなってしまいます。





また、エストロゲンには

血管を拡張させるという

働きがありますが、

更年期による

エストロゲンの減少によって、

血管の拡張が上手くできなく
なります。





これらの理由から、

上手く血液が流れなくなり、

急激な体温変化の症状が現れるのです。







ホットフラッシュ対策には下半身を温めましょう



ホットフラッシュの症状が現れた時は、

下半身を温めると良いでしょう。

ホットフラッシュ対策には下半身を温めましょう

ホットフラッシュの場合、

顔は熱くても

下半身が冷えている事がよくあります。



冷えた部分を温める事によって、

血流を促進させる事が
できます。





外に出ていて

身体を温めるのが難しい時は、

ウェットティッシュやタオルを

携帯しておくようにして、

症状が出たら首筋を冷やすというのも

ホットフラッシュの緩和に効果があります。





更年期による

ホットフラッシュであれば、

婦人科で治療を受けると

ホットフラッシュ症状が

緩和できる可能性があります。





足りなくなったエストロゲンを

薬で補う、ホルモン補充療法が

主な治療方法
です。



ホルモン補充療法は

その他の更年期障害にも

効果があります。