ホットフラッシュの汗対策 軽い運動で改善できる!



更年期サプリおすすめランキング
更年期サプリおすすめランキング123〜症状改善に効果があるのは




ホットフラッシュの汗対策 軽い運動で改善できる!


ホットフラッシュの汗対策 軽い運動で改善できる!
ホットフラッシュとは、

急に体が火照ってきて

大量に汗が出てくる症状です。



更年期障害によくみられる症状で、

まわりの環境とは関係なく

起こるのが特徴
です。





ホットフラッシュの原因は

血管の収縮・拡張を

コントロールしている

自律神経のはたらきが乱れること
です。



更年期には卵巣の機能が低下して、

女性ホルモン(エストロゲン)の

分泌量が低下します。





卵巣の機能が正常なうちは

エストロゲンを放出させるように

脳(視床下部)から指令が出ると、

卵巣がそれに応答して

エストロゲンを放出させます。



しかし、更年期で

卵巣の働きが低下すると

脳の指令に卵巣が応答できなくなるので、

ホットフラッシュが起こります。







運動をする習慣を付けましょう



ホットフラッシュの対策としては、

「自律神経の働きを整える」

「女性ホルモンを補充」すること


大切です。


運動をする習慣を付けましょう


自律神経の働きを整える対策の

ひとつとして、

軽い運動も効果的です。



できれば更年期に入る前から

運動をしておくと

更年期症状も軽くて済みます。





更年期に入ると体力が低下して

運動不足になりがちなので、

早めに運動する習慣を

付けておくように
しましょう。







運動の頻度は週2、3回でOK



運動の強度は、

少し汗をかくくらいの運動

(脈拍が安静時よりも

10~20%早くなるくらい)です。



ウォーキングであれば、

1日20分、週2~3回程度が目安
です。





ウォーキング以外のおすすめの運動は、

水泳、水中ウォーキング、

サイクリング、ストレッチ、など。



運動の頻度が

週2~3回がベストな理由は、

それ以上やっても

効果が高くなるわけではない
からです。





それどころか、それ以上運動をすると

筋肉が疲れすぎてしまい、

筋肉がつかず、

筋トレ効果が落ちてしまいます。





運動の目的は、

あくまで自律神経を

整えることが目的ですから、

無理せずに自分の体にあった

強度で行うように
しましょう。





急に汗が出てきた時は、

首筋にウェットティッシュをあてると

ホットフラッシュ症状が

早く落ち着きます。



アルコール分が蒸発して

体の熱を放散してくれるからです。


外出時にも使える

携帯用のウェットティッシュを

常備しておくと良いでしょう。