アイスノンはダメ!ホットフラッシュは体を温めるのが改善のポイントに



更年期サプリおすすめランキング
更年期サプリおすすめランキング123〜症状改善に効果があるのは




アイスノンはダメ!ホットフラッシュは体を温めるのが改善のポイントに


アイスノンはダメ!ホットフラッシュは体を温めるのが改善のポイントに
更年期障害の

代表的な症状としては

ホットフラッシュがあげられます。



ホットフラッシュは、

気温や室温に関係なく

急に顔や胸元がほてる、

顔が赤くなる、のぼせ、

大量の発汗などが起こるもの
です。





更年期になると

女性ホルモンである

エストロゲンの分泌が

減少していきますが、

そうなると自律神経が崩れてしまい、

ホットフラッシュ症状も

出やすくなってしまいます。







アイスノンで冷やすより体を温めることが重要



ホットフラッシュの改善策として

手軽に行えるものでは

アイスノンもあげられます。



顔が赤くなったり、

暑く感じる場合は

アイスノンを利用すれば

ほてりを鎮めることもでき、

一時的に暑さからも解放されます




寝ているときも

ホットフラッシュがあると

大量の発汗が起こり、

寝苦しくなってしまいますが、

こうした場合も

アイスノンは役立つ存在です。





とはいえ、ホットフラッシュを

改善するためには

体を冷やすだけではなく、

温めることも考えていく必要
があります。



上半身は暑くなっていても、

血流代悪くなっていますので、

実は下半身は冷えている
ということは

少なくありません。





本来は、下半身に

めぐらなくてはいけない血液や熱が

上半身に上ってしまうと

ホットフラッシュは

起きやすくなってしまいます。



ですので、上半身は冷やしても

下半身は冷やさず、

多々温める工夫を
しておきましょう。







下半身は冷やさないことがホットフラッシュ改善のカギ



そして、ホットフラッシュは

顔などに汗が集中しますので、

運動も適度に行い、

全身の汗腺の働きを

良くしておくこともおすすめ
です。





最近は、入浴もシャワーだけで

済ませる人も増えていますが、

それだけでは体を

しっかり温めることはできません。


下半身は冷やさないことがホットフラッシュ改善のカギ


体をしっかり温めるためには

入浴の際もゆっくり湯船につかる

習慣をつけたい
ところです。







冷たい食べ物・飲み物は控えましょう



さらに、顔や首筋が暑くなると

つい冷たい食べ物や飲み物を

取ってしまいがちになりますが、

これも体を冷やす原因になりますので、

冷たい食べ物や飲み物は控えましょう。





ホットフラッシュが起きると

つい体を冷やしたくなりますが、

改善には逆効果となってしまいます。



体を温めると血行も良くなり、

自律神経の乱れを

整えるのにも役立ちますので、


運動や入浴、服装や食事などを工夫して

体を冷やさないよう
心がけましょう。