エクオールと大豆イソフラボンの働き・効果の違い



更年期サプリおすすめランキング
更年期サプリおすすめランキング123〜症状改善に効果があるのは




エクオールと大豆イソフラボンの働き・効果の違い


エクオールと大豆イソフラボンの働き・効果の違い
大豆イソフラボンは

大きく分けて、

ダイゼインとグリシテイン、

ゲニステインの3種類があります。



このうち、ダイゼインは、

腸内細菌の働きによって

エクオールと呼ばれる

物質に変化
します。





エクオールは、女性ホルモンの

エストロゲンの量を

調整する働き
があり、

女性ホルモンのバランスを整えて、

更年期障害の諸症状の改善に貢献します。







大豆イソフラボンとエクオール 同じような働きをするけれど…



大豆イソフラボンと

エクオールの違いは、

エクオールは、

大豆イソフラボンのダイゼインから

作られるため、元は同じ
です。



しかし、この2つの成分は

同じような働きをしますが、

期待できる効果は

エクオールの方が優れて
います。







大豆イソフラボンとエクオールサプリの違い



は、

大豆イソフラボンのサプリメントは

腸内細菌の代謝によって

効果を発揮
します。



一方、エクオールのサプリメントは、

腸内細菌の力を借りることなく

ダイレクトに効果を

発揮する
点が大きな違いです。





そのため、エクオールは

大豆イソフラボンのワンランク上の

サプリメントであると

言うことができます。





大豆イソフラボンのサプリメントが

更年期障害の改善に

効果が期待できる理由は、

大豆イソフラボンの分子構造が

女性ホルモンのエストロゲンと

酷似して
おり、


大豆イソフラボンがエストロゲンと

同じような働きをするためです。





女性は40代頃から

女性ホルモンの分泌量が減少するため、

必然的にエストロゲンの量も減少します。



サプリメントを摂取すると、

不足したエストロゲンを

補うことができ、

更年期障害によるさまざまな

不調の改善に役立ちます。





更年期障害を迎えた女性は、

毎日の食生活の中で

大豆を含んだ食事をすると、

更年期障害の諸症状を和らげる

効果が
期待できます。


大豆イソフラボンが効果的に働く


大豆を使った食材には、

納豆や豆腐、油揚げや

きなこなど
があります。



これらの食材を意識して

食べるようにすると、

更年期障害の諸症状の

改善につながります。





食生活の改善とともに

サプリメントを摂取すること
によって、

普段の食事だけでは

不足しがちになる

大豆イソフラボンを

手軽に補うことができます。