エクオールとは?エクオールの効果は更年期症状の改善に欠かせない!



更年期サプリおすすめランキング
更年期サプリおすすめランキング123〜症状改善に効果があるのは




エクオールとは?エクオールの効果は更年期症状の改善に欠かせない!


エクオールとは?エクオールの効果は更年期症状の改善に欠かせない!
大豆製品に含まれている

大豆イソフラボンは、

①ダイゼイン
②グリシテイン
③ゲニステイン

以上の3種類に分けられます。



その中のダイゼインは、

腸内細菌の働きによって

エクオールに変えられます。





元々大豆イソフラボンが

女性ホルモンに

似た働きをすることから、

大豆製品は更年期障害の改善に

効果がある
と知られていました。



そして、最近では、

その中のエクオールが

更年期障害に

効果がある
と分かっています。







更年期症状の原因はエストロゲン不足が原因



更年期症状が現れるのは、

エストロゲンの不足が原因
なので、

エストロゲンの量が正常になれば

問題ありません。



エクオールの効果は

エストロゲンの

100分の1~1000分の1とされますが、


エストロゲンが不足すると

その信号を受け取った

エストロゲン受容体に

エクオールが入り込んで、

肌や血管、脳などを守る

作用を持っています。





一方で、エクオールは

エストロゲンが

過剰分泌されている場合、

効き目の弱めることも可能です。







更年期症状が重い人はエクオールが少ない傾向が



日本更年期医学会では、

女性108人を対象にした

2日間の食事調査で、

最終的に24時間蓄積した尿中に

どのくらい

ダイゼイン、ゲニステイン、エクオールが

含まれているかを調べました。



更年期障害を症状別に

重い症状のグループと

軽い症状のグループに分けると、

ダイゼインと

ゲニステインの量には

大きな違いがありませんでした。





しかし、症状の重いグループでは、

明らかにエクオールの量が

少ないという結果
を得られました。



その他の調査でも、

ホットフラッシュが改善されたり、

首や肩こりが軽減されたり、

更年期症状が緩和されたと

効果を実感する人が

多いというデータが
出ました。







エクオールを作ることができない人もいる



大豆製品から

大豆イソフラボンを摂取しても、

効果を得られない人は、

体内でエクオールを

作ることができないとされます。





大豆を食べる習慣がない欧米では

20~30%の人しか

エクオールを作れません。



一方で、日本人は昔から

大豆を多く食べるため

およそ2人に1人が作ることができます。



ですが、日本人の約50%の人が

エクオールを来ることができない
のです。





エクオールを作る

腸内細菌を持っていない人や、

より効果を実感したい人は、


エクオールを含む

サプリメントを服用すると

不足しているエクオールを

補うことが可能
です。